早稲田大学大学院修士課程で、美術史を専攻する和山大輔さん(24)=八戸市出身。

 「美術の奥深さを追究する日々」と充実した表情を見せる。

 修了後、特許庁の試験を受けるつもりだ。ロゴなど商標の真偽に目を光らせる部署に就きたいと希望する。

 「美の感性をきっと生かせるはず。日本企業を守るため、力を尽くしたい」