第五十九銀行設立にあたり、渋沢が指導のために送った書類のパネル=9日午後、弘前市・青森銀行記念館
渋沢栄一の書(写真左上)なども展示する三本木原開拓澁澤農場文庫の水野管理人。「けさのニュースを見てびっくりした」という=9日午後、十和田市
学祖北里柴三郎の肖像の前で喜びを語る北里大獣医学部の高井学部長=9日午後、十和田市

 財務省が9日発表した、新たな1万円札の肖像画となる実業家・渋沢栄一と千円札の細菌学者・北里柴三郎は、ともに青森県との関わりが深い。県内の関係者からは「なるべき人が選ばれた」「功績が世に広まってほしい」などと歓迎の声が相次いだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。