横浜市立大4年の對馬史織さん(23)=青森市出身=は英語教員志望。卒業後は神奈川県内の学習塾で講師を務めることが決まっているが、「いつか地元の学校で教壇に立ちたい」と語る。

 「沖館中、青森高校で教わった先生のおかげで、大きく成長できた。自分もそんな存在になりたい。子どもたちに勉強だけでなく礼儀や生きることの大切さを伝えられたら」。愛用のトランペットを手に語る言葉に、古里への愛情がにじんだ。