「青森県の魅力を分かってくれる人が東京にこんなにいるなんて」。広告代理店(目黒区)に勤める柳田誠吾さん(27)=弘前市出身=は青森空港で、東奥日報創刊120周年記念企画「みんな、青森で生まれた」を読み、アイデアが浮かんだ。

 県内の工芸品を売り込んだところ好反応を得て、期間限定の青森フェア開催にこぎつけた。「広告、PRという切り口で地方の活性化に役立ちたい。今、どんどん青森県が好きになっていますね」