「大会でよい成績を挙げるより、生涯できる“美しい弓”を身につけてほしい」。弘前市岩木地区出身の前田宗さん(26)=千葉県浦安市=は金融サービス会社に勤めるかたわら、休日は母校・法政大学の弓道部コーチ補佐として後輩の指導にあたっている。「当たりにとらわれるな、自分の体を見つめ直すことが大事と言っています」

 弘前南高時代から続けてきた弓道は生活の一部。「三十代になったら青森に帰り国体をめざしたい」という。