講師(左)に習いながら山ウドの天ぷらを揚げる青森中央学院大の留学生たち
人生初のウド料理を味わう留学生たち

 青森県の暮らしや文化を海外に発信する団体「フロム青森」(山内和枝代表)は3月31日、青森市のアピオ青森で、市内に住む外国人向けに、春の山菜「ウド」を食べる会を開いた。参加した青森中央学院大学の留学生たちは、料理教室も通じてウドへの理解を深め、初めての味わいを楽しんだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。