サメ軟骨から抽出した青森県発の機能性素材「プロテオグリカン」(PG)が、軟骨細胞の活性化を促し、関節性疾患改善に作用する可能性があるとして、弘前大学の研究チームが3日、「軟骨再生促進剤、食品組成物および皮膚外用剤」として、特許出願したと発表した。出願は3月31日付。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。