協定締結後、「むつ下北地域医療学講座」のパネルを持ち、写真撮影に応じる若林医学研究科長(左)と宮下管理者=2日午後、弘大医学部

 弘前大学と、むつ総合病院を運営する下北医療センター(青森県むつ市)は2日、医師が地域の病院で研究・診療を行う寄付講座「むつ下北地域医療学講座」を弘前大学大学院医学研究科に設置する協定を結んだ。弘大が2019年度から3年間、むつ病院に内科や整形外科の常勤医5人を派遣する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)