摘出された腎臓が入ったケースを持ち、弘大病院を出る鷹揚郷腎研究所弘前病院のスタッフ=31日正午ごろ

 弘前大学医学部付属病院で低酸素脳症のため脳死と判定された60代女性から臓器を摘出する手術が31日、同病院で行われた。腎臓は摘出され、鷹揚郷腎研究所弘前病院(青森県弘前市)で60代の女性に移植された。一方、肝臓の摘出は医学的な理由により中止された。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)