数多くのこぎん刺し作品や関連グッズが展示・販売された会場=東京都中央区

 青森県発祥の伝統工芸・こぎん刺しと菱(ひし)刺しの作品や関連書籍、グッズなどを一堂に集めた展示販売会「こぎんブックマーケット」が30日、東京都中央区の綿商会館で初めて開かれた。青森県や首都圏、関西からこぎん・菱刺し作家や手芸店などが集結し、38のブースを出展。大勢のファンが詰め掛け、作り手と交流しながらお気に入りの作品や材料を買い求めていた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。