青森、弘前、八戸3市と函館市でつくる「青函圏観光都市会議」は26日、青森市の青森国際ホテルで通常総会を開き、2019年度限りでの活動終了を申し合わせた。設立当初に掲げた、16年3月の北海道新幹線開業を見据えた圏域の観光振興に果たす役割を一定程度終えたと判断した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)