老朽化で左目が欠け落ちた阿形仁王尊=2018年4月(最勝院提供)
最勝院の仁王門。右に阿形、左に吽形仁王尊が安置されている=24日午後

 国重要文化財・五重塔がある最勝院(青森県弘前市銅屋町)の阿形(あぎょう)金剛力士尊像(阿形仁王尊)の左目玉が2017年から欠け落ちたままになっている。専門の仏師による24日までの調査で、同尊の右目玉と、対をなす吽形(うんぎょう)金剛力士尊像(吽形仁王尊)の両目玉も同様に、いつ欠け落ちてもおかしくないことが分かった。同院は修繕費用の寄進を募っている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)