7回、右前にこの試合3本目となる安打を放つ広島・田中広=マツダ

 広島は田中広が五回の適時打を含む3安打と調子を上げた。先発の岡田は5四球と制球が乱れ5回5失点。ソフトバンクは先発枠入りを狙う高橋礼が六回途中3失点と粘りきれず。危険球で退場した甲斐野ら救援陣にも不安を残した。

(共同通信社)