青森、岩手県境の産業廃棄物不法投棄問題で、岩手県側の第76回原状回復対策協議会(委員長・齋藤徳美岩手大学名誉教授)が23日、二戸市内で開かれた。岩手県は北側の汚染土砂を除去するため、県境を越えて田子町側へと掘削作業を進めていく方針を示した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)