流行を発信する東京・表参道ヒルズ近くに出店した果物と洋菓子の「フリュイ・ド・セゾン」。新しいものに敏感な客層に「どういったものを提案していくか」、代表取締役の大沼慎市さん(36)=八戸市出身=は日々、頭をひねる。

 開店して三カ月余り。「季節の果物」という店名通り、完熟した味を引き出したロールケーキやタルト、パフェを主力商品として売り出している。「この店のこの逸品というものを作りたい」