早稲田大学演劇博物館の講座「弘前劇場の30年」に出席した同大四年の川端真琴さん=弘前市出身=は「弘前にこだわりがあるので、すごくうれしい」と熱心に耳を傾けた。津軽弁交じりで質問し、講師の長谷川孝治さんから「なまりがとてもいい。ずっとそのままで」と励まされた。

 四月から東京都内の養護学校で先生になるという。「きょうの講座で聞いたように、私とは何か-を問いながら、やりたいことを続けていきたい」