スタイリストとして一本立ちすることが目標の齋藤啓司さん(25)=鰺ヶ沢町出身=は十一カ月目の新米アシスタント。大学中退後、「やりたいことをやろう」と各種学校で基本を学び、ファッション業界に飛び込んだ。

 洋服の撮影で線をきれいに見せるため綿を入れるなど地味な作業が続く。「好きなことやっているんで、つらいと思ったことはない。強いて言えば貧乏なことかな」。アルバイトをしながら夢の実現に向け一歩ずつ進む。