ヒラメをしゃぶしゃぶで味わう子どもたち

 育てた魚を自ら食べる“陸上養殖”プロジェクト「感謝の会」が20日、青森市の荒川小学校(濱田智子校長)で開かれた。5年生41人が、昨年秋から手塩にかけたヒラメを味わいながら、命の尊さを学んだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。