かるたの札を取り合う生徒たち

 青森県五所川原市の金木高校で22日、恒例の「太宰歌留多(かるた)大会」があり、1、2年生64人が地元出身の作家・太宰治の作品を題材にしたかるたを取り合った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)