艫作埼灯台付近でメモと実際の風景を見比べる、左から英輝さん、増元さん、荒木代表ら
今井裕さんの生徒手帳から見つかったメモ。線路とみられる線の脇に「HS」と書かれている

 北朝鮮に拉致された疑いが濃厚とされている「特定失踪者」の今井裕さん、青森県弘前市、失踪当時(18)=が自分の高校の生徒手帳の中にメモ書きの地図を残していたことが分かった。2月に兄・英輝さんが手帳の中のチラシに挟まっていたのを見付けた。地図は深浦町艫作(へなし)駅周辺を描いたとみられることが判明。20日、特定失踪者問題調査会(東京都・荒木和博代表)のメンバーが同町を訪れ、駅周辺の地図であることを確かめた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。