五所川原市出身の画家・柳迫(やなせこ)幸子さん(71)=旧姓川村、神奈川県藤沢市在住=が11月上旬、東京・銀座の中和ギャラリーで個展を開いた。この2年間で訪れた米国や故郷の風景を、抽象的に表現した美しい色調が目を引く。

 「テーマは『旅』。五所川原を出て長い旅をしている感覚で眺めると、違う景色が見えてくる」。商社マンの夫の転勤でイランの首都テヘラン、米国ヒューストンで暮らした経験も創作の源泉となった。「高校時代に油絵を始めてから、いつも暮らしの中心に絵があった。自然体で続けています」