画家の工藤麻紀子さん(37)=五所川原市出身=は3月5日まで渋谷区のギャラリーで個展を開催中。花や草木、水辺の風景、どこか物憂げな女の子を描いた油彩画など全18点を展示している。

 「自宅兼アトリエのある神奈川県平塚市で、散歩中に目に留まった景色からアイデアを膨らませる。「頭の中の絵がそのまま描けたとき、逆に思い浮かべていたものと全く違う絵が描けたときに楽しさを感じる」と語る。

 5月に米ニューヨークで開かれるフェアに、300号の大作を出品する予定。「これからもずっと描いていけたら」