SKファームが販売するもち麦「はねうまもち」の商品
眞坂地方参事官(右)から認定証を受け取る小舘代表

 野菜や麦の生産、販売を手掛けるつがる市のSKファームが国の六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画の認定を受け、18日、東北農政局青森県拠点から認定証が交付された。「もち麦」(もち性の大麦)の新品種「はねうまもち」の商品を販売しており、今後、県内外への販路拡大を目指す。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)