17日で無料公開を終えた縄文時遊館。館内には18日からの休館のお知らせが何カ所にも貼られていた

 青森市にある国の特別史跡・三内丸山遺跡は17日、20年以上にわたる無料公開を終えた。4月から三内丸山遺跡と、隣接するガイダンス施設「縄文時遊館」は二つ合わせて「三内丸山遺跡センター」に名前を変え、有料化される。両施設は18日~4月5日にかけて休館し、4月6日の再始動に向け準備を進める。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。