雪室から掘り出したリンゴの入った箱を運び出す東目屋中の生徒たち
掘り出したリンゴを早速試食する生徒たち

 青森県弘前市の東目屋中学校(佐藤浩一校長)で14日、生徒たちが栽培し雪室に貯蔵したリンゴの掘り出し作業が行われた。雪室リンゴは、新3年生が4月の修学旅行中に、東京・浅草の国際通り商店街で観光客などに120個を配るという。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)