出題ミスのあった物理の試験問題。問題文から、解答のために必要な「f」が脱落していた

 弘前大学(佐藤敬学長)は15日、12日に実施した2019年度入試後期日程の理科(物理)で、出題ミスがあったと公表した。問題文に脱落があり、解答不能となるため、物理科目を選択した理工学部と農学生命科学部の受験生99人全員を正解とする。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)