日米欧や中国など主要20カ国・地域(G20)の経済団体の幹部らが参加した経済界サミット(B20)が15日、公平な貿易・投資を促す国際ルールの強化や、個人や企業のデータが国境を越えて円滑にやりとりできるための枠組み整備などを求めた提言を取りまとめ、閉会した。

 東京都内で開かれた閉会式で経団連の中西宏明会長が安倍晋三首相に提言を手渡した。安倍首相は「世界はさまざまな困難に直面しているが、技術革新を最大限に活用して克服しないといけない」と述べ、国際ルールづくりに意欲を示した。6月に大阪市で開かれるG20首脳会合で首相は議長を務める。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む