カーリングの日本混合ダブルス選手権第3日は14日、長野県軽井沢町の軽井沢アイスパークで1次リーグが行われ、B組は2018年平昌冬季五輪で女子の銅メダルを獲得したロコ・ソラーレの藤沢と同五輪男子代表のSC軽井沢クの山口剛史(青森大出)が組むペアが小谷、荻原のペアを11-4で下し、3連勝となった。優勝ペアは世界選手権(4月・ノルウェー)の日本代表となる。(共同)
 

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)