やよいのあかりのリサイクル活動。医療的ケアが必要な子もそうでない子も一緒に取り組んでいる

 障害がある子どもたちが通う放課後等デイサービスを青森県弘前市で運営する一戸由佳さん(50)が、県の准看護師資格試験に合格した。日常的に痰(たん)の吸引など医療的ケアを必要とする子ども(医療的ケア児)に対応できる看護師が不足する中、一念発起して弘前市医師会看護専門学校で学んだ。なりたいんじゃなく、看護師にならないといけない-。使命感を持ってこの2年、仕事に家事に、勉強に実習にと、やり遂げてきた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)