柳本顕氏

 大阪維新の会代表の松井一郎大阪府知事と吉村洋文大阪市長が辞職し、立場を入れ替えて立候補するダブル選で、自民党大阪府連から市長選への立候補を要請されていた元市議柳本顕氏(45)が14日、出馬の意向を固めた。同日夜、大阪市で記者団に「大阪都構想に完全に終止符を打つ」と決意を述べた。自民党は知事選に元副知事小西禎一氏(64)の擁立を決めており、ダブル選の構図がほぼ固まった。

 自民党は14日小西氏の推薦を決めた。柳本氏も推薦する方向で2人は無所属で立候補する。互いに連携して大阪維新が掲げる都構想に反対する論陣を張り「反維新」の立場を示す各党との共闘を模索する。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む