西北地域の食材を生かした料理を味わう参加者たち

 青森県西北地域県民局は14日、西北地域の食材の魅力を掘り起こし認知度向上を図ろうと、試食会「奥津軽の食材を味わう」を、五所川原市のプラザマリュウ五所川原で開いた。公募に応じた市民ら約100人が、豚もも肉丸焼きのスライスなど地元食材を生かした料理を味わった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。