五所川原市議会は定例会最終日の14日、金木総合支所新庁舎建築工事の契約議案と、第3子以降を出産した市民に10万円を支給する「子宝祝金」を廃止する議案を否決した。両議案は、6日の常任委員会でも否決されていた。子宝祝金について佐々木孝昌市長は、否決を踏まえ、2019年度も継続すると表明した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。