互いに決め手を欠き、引き分けた。札幌は攻撃陣が沈黙した一方、終了間際に与えたPKをGK菅野が防ぐなど守備陣は無失点で踏ん張った。長崎はPKを失敗した畑の4本などチームで計12本のシュートを放ったが、1点が遠かった。(共同)

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)