2019年度青森県立高校入試で採点基準の変更が相次いでいることについて、県教育委員会の和嶋延寿教育長は13日、「関係者の検討やチェックが十分でなかった」との認識を示した。県教委は今後、今回の出題に至るまでのチェック過程を検証する方針。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)