スマートフォンを操作し、施設内の見どころを紹介する音声案内に耳を傾ける佐々木市長(左)ら=12日午後、五所川原市金木町の斜陽館

 青森県五所川原市は外国人旅行客の増加を踏まえ、同市金木町出身の作家太宰治の生家「斜陽館」で12日から、スマートフォンを活用した外国人向けの多言語案内システムを導入した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。