巴桜の1升瓶(左)と4合瓶
弘前と函館の友好への思いを込めて行われた「巴桜」の初搾り

 友好の思い、吟香に乗せて-。函館で生産した米を弘前で醸した酒「巴桜(ともえざくら)」の初搾りが12日、青森県弘前市の六花酒造で行われ、関係者が海峡をまたぐ情熱で醸した味を確かめた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。