悲願のダービージョッキーとなり、大勢の報道陣に囲まれる柴田=1993年5月、東京競馬場(JRA提供)

 日本中央競馬会(JRA)の柴田政人調教師=青森県東北町出身=が2月末、70歳定年のため引退となり、騎手時代から50年以上携わった競馬の現場を去った。騎手時代の通算1767勝(うちGI12勝)という華やかな活躍の一方、調教師時代は通算191勝(重賞未勝利)と思うような成績を挙げられなかったが、人と馬をこよなく愛した「ホースマン」の半世紀はドラマに満ちていた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)