八戸市出身の樋浦久子さん=東京都在住=が22日まで、東京・京橋のギャラリー「オル・テール」で個展「鉛筆・色鉛筆・コラージュ」を開いている。金曜日と土曜日だけの開催で、8.9.15.16.22が開場日。

 静物を中心に小品を含めて33点を展示。「レースにパール」「ガラスのくつとパール」など透明感のある物を題材にした作品が多い。作品によってケント紙や画用紙などを使い分けて質感を出している。

 もともと油絵を描いていたが、25年ほど前から独学で鉛筆画に取り組んできた。樋浦さんは「パールやグラスなど透明感のある物を描くのが好き。身の回りにある物を題材にした私の世界を見てほしい」と話していた。