研究成果を説明する岡部助教。開発したペン型機器で病変部の温度や熱伝導率を測定する

 弘前大学大学院理工学研究科の岡部孝裕助教(熱流体工学)、圓山(まるやま)重直・八戸工業高等専門学校校長(同)、東北大学病院皮膚科の医師らの研究グループが、皮膚表面の温度を高精度に測定して熱伝導率を導き出す技術を開発し、皮膚がんの一種・悪性黒色腫(メラノーマ)の進行度の判定に応用することに成功した。従来より早期かつ簡便な判断が可能となり、今後、臨床研究を重ねて医療機器として実用化を目指す。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。