選手宣誓するウォンバットの高田選手

 第84回青森県素人アイスホッケー大会(県素人アイスホッケー協会主催、東奥日報社共催)の開会式が8日、南部町のふくちアイスアリーナで行われた。A~Iの9クラスに55チーム計990人が参加。同アリーナと八戸市の田名部記念アリーナを会場に、4月21日までリーグ戦を行い、各クラスの頂点を目指す。

 開会式で、同協会の澤口忠彦会長が「目の前の試合に全力を尽くし、大会を通じて親睦を深めてほしい」と激励。選手を代表して前回Cクラスを制したウォンバットの高田竜也選手が「けがをしない、させないという素人アイスホッケーの精神を大切に、正々堂々と戦い抜く」と宣誓した。