田舎館村出身の染色作家・田澤たか子さん(47)=東京都渋谷区=がこのほど、横浜市の「鶴見画廊」で、日本画家の友人、織田梓さんと一緒に「梓の画 たか子の染」展を開いた。

 日本画と絞り染めの「辻が花」の共同企画。田澤さんは2年ほどで作りためた着物や帯など10点を出品した。「源氏物語」をベースに短冊の絵と短冊掛けの染め物を組み合わせたコラボ作品も来場者を楽しませた。

 竹の文様の中に細かい植物の模様を描く遊び心も。桃山期から続く伝統の技に、アラベスクなど海外の意匠を取り入れるなど、現代に通じる作品が多く仕上がった。

 「いずれ青森か弘前で大きい展覧会をやりたい」と張り切っている。