青森市出身の画家・林ひろ美さん=東京都=がこのほど、東京・有楽町のギャラリー日比谷で個展を開いた。

 昨年暮れに訪れたフランスの、スイス寄りにある小さな町で見つけた「アヌシのレストラン」など新作10点のほか、これまで描いた「夜のエッフェル塔」など油彩30点、水彩20点余を展示した。

 毎年訪れているパリの街角やカフェ、ブティック、花屋など林さんらしい題材の作品が並ぶ。

 林さんは「パリは歩いているだけで絵になる瞬間がある。それを見つけるのが楽しみであり、私の仕事。毎回わくわくします」と話す。

 5月3~8日に、弘前市では初めての個展を田中屋画廊で開く。