「経友写真クラブ」第4回写真展が29日まで、東京・半蔵門のJCIIクラブ25で開かれている。

 同クラブは、経団連の写真愛好会メンバーが設立した団体で、プロカメラマン齋藤康一氏の指導を受け活動している。今回は八戸市の泉山元さんら会員18人が72点の作品を展示した。

 泉山さんは、今年4月中旬に訪れ、絶妙のタイミングで撮影した桜満開の「奈良 吉野山」2点と、もやが立ちこめる中を僧侶と鹿が歩く幻想的な雰囲気の「奈良 興福寺」2点の合わせて4点を出品した。

 泉山さんは「青森県とはまた違った美しい桜の山。そして奈良の歴史を感じてほしい」と話していた。