十和田市出身の画家・米田民穂さん=神奈川県在住=がこのほど、東京・恵比寿のギャラリー「まぁる」で個展「聖ネコ」を開いた。

 子どものころから猫好きだった米田さんは、十数年前から本格的に猫の絵を描き始めた。

 今回は油絵とアクリル画24点を展示。3年前に死んだ黒い飼い猫や友人が飼っている猫、野良猫がモデル。

 うつぶせのままじっと米田さんを見ていたり、あおむけに寝て前足を宙に伸ばしたり、立ち上がったり…さまざまな姿の猫の絵が並ぶ。洋服を着たおしゃれな猫もいる。

 米田さんは「ちょうネクタイをつけた猫が新しいシリーズ。来場者はやはり猫好きの方が多く絵を楽しんでくれる」と話していた。