福島第1原発3号機。壁には津波で流されたがれきによってついたとみられる傷が残る=2月、福島県大熊町(代表撮影)
福島第1原発にある処理水が保管されているタンク(代表撮影)

 東日本大震災、東京電力福島第1原発事故から8年を迎える。2月、日本記者クラブ取材団として同原発を訪れた。福島には、多くの人々の日常が奪われた「あの時」から被災者と被災地、そして原発が積み重ねてきたそれぞれの時間があった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。