青森市出身の画家林ひろ美さん=東京都=がこのほど、東京・港区の「ギャラリーコンセプト21」で絵画展を開いた。

 昨年夏に訪れたフランスの街角を中心に油絵32点、水彩10点余を展示。

 エッフェル塔を題材にした作品は、夕暮れや闇夜をバックに複数並んだ。パリのカフェやブティックなど何げない風景に買い物客や売り子を溶け込ませ、独特の色彩で表現した。

 林さんは題材として気に入った店を見つけると、その場面に服装などがマッチした人がやってくるまで待ち続けるという。

 「根気はいるが、作品に人物を入れた方が見る人に親しんでもらえると思う」と話す。