稲刈り機を操作して次々と稲を収穫する吉さん=28日午後

 青森県西目屋村の「好きです西目屋ふるさと親善大使」を務める歌手の吉幾三さん(青森県五所川原市出身)が28日、今年5月に村内で植えた米の稲刈りをした。同日は、吉さんが自身で栽培した米を「幾三米」と命名。幾三米は同村のふるさと納税の返礼品として活用する方針で、今年中に届けられる予定。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)