青森市の造形作家・山本景子さんと「工芸デザインUnite Bee」がこのほど、東京都千代田区神田駿河台の「ギャラリーf分の1」で作品展を開いた。

 青森ヒバなどを薄くテープ状にして巻き成形した器や花器など山本さんの作品と、青森市のインテリアコーディネーター・石戸谷英子さんが代表を務め、同・高嶋真弓さん、山本さんの3人で結成したユニットによる津軽塗を生かしたアクセサリーやオーナメントなど、約80点を展示。

 展覧会のテーマは「from TSUGARU to TSUGARU」。山本さんは「津軽で生まれた作品の数々を多くのみなさんに見ていただきたい」と話していた。