雪室から掘り出したリンゴに早速かぶりつくMEGOの利用者ら

 青森県鶴田町のリンゴ生産者、原田正さん(69)らが1日、同町妙堂崎の鶴翔りんご組合農事組合法人(工藤浩代表)の敷地内で雪室リンゴを掘り出した。障害者の就労を支援する五所川原市のNPO法人「MEGO」の利用者が作業を手伝い、雪の中から出てきたリンゴを早速頬張って「おいしい!」と笑顔を見せていた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)