元横綱・初代若乃花の花田勝治さん=弘前市出身=が死去して1年。東京・両国国技館内の相撲博物館で企画展「初代若乃花とその弟子たち」が開かれている。入場無料で21日まで。

 化粧まわしや写真パネル、年表など「土俵の鬼」と呼ばれた横綱ゆかりの品が飾られているほか、ライバル栃錦との熱戦映像も放映している。

 また引退後、二子山部屋で育てた関取衆のまわし、手形も展示した。弟子の一人、鳴戸親方(元横綱隆の里、青森市出身)は「今の力士には想像もできないような厳しい稽古の日々をうかがい知ることができるだろう」と語った。

【写真説明】化粧まわしなど、ゆかりの品が並ぶ「初代若乃花とその弟子たち」展